TOP > SERVICE > 食品ロス・フードロス事業

ITのチカラで、食品ロス・フードロス問題に正面から取り組んでいく

当社の強みである「IT導入力」「データ分析力」「複数の業界横断力」を生かし、
食品ロス・フードロス関連の問題解決を事業を通じて行っていきます。

食品ロス・フードロス・残食調査支援システムの提供

食前・食後の配膳画像を撮影し、AI・画像解析技術の応用で「差分データ」を取得することにより、実際にどのメニューが多く食べられたのか(残されたのか)をより詳細に調査することを可能にするシステムです。 また、栄養価などの情報を組み合わせることにより、一人一人が実際に摂取した栄養価の計算も可能になります。

病院・学校・ホテル・飲食店・産業廃棄物処理などの現場における食品ロス・フードロス調査の負担を軽減するだけでなく、食品ロス削減のための具体的な対策にも役立つデータを取得することができるようになります。 一部機能は既に実用化し、自社保育園「ぼくのひみつきち」で運用中です。

※食品ロス・フードロス調査支援システム 実証実験結果レポートについてはこちら

個人向けアプリの開発

食品の貯蔵庫・冷蔵庫内などを撮影し、食品の在庫量や賞味期限情報などを取得することにより、家庭内での食品ロス・フードロスを減らすことを目的としたアプリです。

レシピ情報などと連携することで、食材を使い切るアイディアをユーザーに提供していきます。